FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだ本メモ

2017.07.17 12:28|読んだもの(趣味)
・小川 糸 食堂かたつむり



初めて読んだ作家さん。表紙の色がかわいくて手に取った。


同棲していたインド人の恋人に、家財道具いっさいを持ち逃げされた女性が、山間の実家で食堂を開く話です。失恋を乗り越え、唯一の家族である「おかん」との関係を見つ直す話。

おかんの最後の手紙にはジーンときた。
それと妹との別れ・・・・・・妹といっても豚だけど。


命を食べる、いただくことがテーマで、食材へのこだわりや、口に入るまでの過程は丁寧に描かれていた。
でも、不思議なことにどんな料理が出てきたか全然覚えてないんだよなー
おいしそう、とも思わなかったかも。


普段料理しないから、食材と完成品がうまく結びつかなかったのかも。
自分の口に入れるものもちゃんとつくらないとなー





・群 ようこ パンとスープとネコ日和



こちらも初めて読む作家さん。
食堂かたつむりに続き、食べ物屋さんを開く女性の話。

こちらの女性も母親とギクシャクしていて、亡くなった母親の飲食店を改装してカフェを始めるのですが、全然「がんばってます」って感じがなく、日常を生きる姿が描かれていて、肩ひじはらずに読めました。

こういう生き方、憧れるなぁ。
忙しなくしてると、周りのひとも忙しくさせちゃうし、淡々と過ごしたい。

猫のたろちゃんのしぐさがかわいい。
続編もあるみたいなので、新たな猫との出会いもあるのかな。
続編も読んでみようかなー





・今野 敏 マル暴総監

ほっこり系の小説が続いたので、いつもの刑事ものの小説。
マル暴甘糟シリーズ2作目。

警視総監が夜な夜なまちに出て世直しして、事件を引っ掻き回す話。
マル暴の「暴」は、暴れん坊の暴みたいです。

ヤクザと上司の板挟みになった甘糟さんの「わあ、すいません」が何度出てきたか。
みんなからからかわれ、いじられ、たかられる愛すべきキャラクターですね。

次作があるならまた読みたい作品です。






読書日記ランキング

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。