FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の勉強をはじめたきっかけ。2

2017.03.05 23:47|このブログについて
お金の勉強をはじめたきっかけ。1の続きです。

働きたくない!と一刻も早く仕事をやめるための資金づくりを決意したものの、
お給料からの貯金だけでは全然間に合わない、なにか他に手段はないか……と考えていたとき2冊の本に出会いました。
富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~」と「金持ち父さん貧乏父さん改訂版」です。


富女子宣言~20代女子が5年で1000万円貯める方法~



富女子とは「20代で1,000万円を貯めてお金の知識をしっかりと身につけ、将来お金に困らず自立して生活していける女性」を意味する著者の造語です。
なぜ1,000万円かというと、1,000万円ほどの貯金が出来れば自分でもこのくらいの大金を作れるんだ!という自信につながるとのこと。


お金の知識や計画の重要性といったことがわかりやすく書かれていました。
その中で心に響いたワードがありました。
それは「節約よりも稼ぐ」「一生懸命働く(努力)よりも正しい選択をする」というワード。

一生懸命働いたらお金持ちになれる、節約でお金が貯まるという間違った考え方に見事にはまっている自分に気づかされました。
この本で思考法、メンタル面で大きな変化が起きました。


金持ち父さん貧乏父さん改訂版


有名な本です。もっと早くに読んでおけばよかったーと後悔しています。

この本で一番衝撃を受けたのは「金持ちは、お金のために働かない。お金に働かせる」というフレーズです。
私には給与所得以外の所得があるという発想がなかったのです。
貧乏父さんの典型ですね。勉強していい会社に入れば安心だって言われていたし、自分でもそう思っていました。
それが、一生懸命働けばお金持ちになれると思いこんだ一因です。


今までの考え方が否定されたけど、給与だけにしがみついていた自分がちっとも幸せじゃなかったので、むしろ救われたような気がしました。

考え方を変えて、知識をお金にしていこう。
そして、お金を増やす仕組みをつくらないといけない、株や不動産で不労所得を手に入れよう考えるようになり、すごく前向きにお金と向き合えるようになりました。


2冊の本によって「選択肢の多い人生」が目標になり「お金に働いてもらう」ためにお金の勉強をしよう!と思ったのでした。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。